2018年01月20日

【出来るシリーズ】2.「女性の輪に入れない」

いつの間に信じてしまったのでしょう?

自分一人で背負わなければならないなんて
誰にも助けを求めてはいけないなんて


誰にも言えず抱え込んでしまうばかりのあなたに知ってもらいたい
気を抜くことを自分に許せないあなたに知ってもらいたい
いつだってあなたに愛の手が差し伸べられていることを…


そんな思いをこめて、RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)で出来ることを、小説風にご紹介してまいります。
必要な時に思い出して頂けると幸せです。


創作物語であり講師以外は実在しません。
楽しみながらご一読くださいませ♪

〈10日・20日・30日更新予定〉

【出来るシリーズ】1「.上司と合わない」前後編も、是非お読みくださいませ☆

・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・


人生は修行なんかじゃない。
今はそう思える。

でも、それを言い続けたおばあちゃんが、
自分に言い聞かせて乗り越えたであろう日々を孫として誇りに思う。

RFTを知らなかったおばあちゃんは、そうやって頑張ったんだろうなぁ。


今のアイ子は、困った時に対応出来るツールを得て、心強い気持ちだ。
だってもう諦めなくても良いのだから。

アイ子は、上司との問題をクリアして、気分良く職場に出社できるようになった。
おかげで課長との関係も良好だ。


…が、このアイ子の問題は、もちろん、それだけではなかった…。


この新しい職場では、昼食時、休憩時などは、部の女性社員が集まって、
一緒にランチやお菓子を食べながらおしゃべりするのが習わしだ。

アイ子はそれを憂鬱に感じていた。


アイ子の所属する部には、女性社員が7名いる。
秘かに「お局倶楽部」と命名した。
「お局倶楽部」のメンバーは、同年代もいれば年上世代もいて、
それぞれにみんな良い人たちだと思う。

嫌みや、イジメがあるわけでもない。
新人のアイ子を迎え入れてくれる感じもある。

なのに、
その場に居るのに、居場所がないような、
溶け込めない、仲間に入れない疎外感のような感じがあって、

彼女たちは皆すごく仲良しなのに、
アイ子だけ見えない壁に隔たれているように思える。


アイ子が「お局倶楽部」に参加するときは、
ひたすら聞く側にまわり、頷いたり相槌をうつぐらいで
自分から話題を提供することはほとんどなく、
皆と一緒にいることが精一杯だった。


振り返ってみると、アイ子は以前から女性の輪が苦手だった。
なぜだか居心地が悪くて逃げ出したくなってしまう。

-- 「皆と仲良くなりたい」という気持ちは、もちろんすごく、すごーくあるのにっ!!


-- こんなことにも、RFT️は効果があるのだろうか?


RFTを思い出して、
アイ子は、アパートに帰ると、さっそく挑戦してみることにした。


その場にいるのに居場所がないような、
1人だけ浮いているような、
この感じにとどまってみる。
みぞおちに感じる固い感じ。
この感覚はいつからあるのだろう?


静かに目を閉じてタッピングしながら、
この感覚に委ねてみる、、、


ふと、幼稚園の時に、読んでいた絵本を片付けなかったことで、
先生から叱られたときのことを思い出した。

そのとき近くにいた同じ組の女の子たちが数名集まってきて、
アイ子を取り囲んで、口々に言いたいことを言っていた。
会話の内容までは覚えていないが、
アイ子を非難していたような記憶がある。

-- あー、すっかり忘れていた…!!
  そんなことがあった、あった…。


アイ子はRFTを始めた。
とはいえ、まだ慣れないので講習会で習ったことを思い出しながら、少しずつ進めてみた。


一方的に責められる悔しさ
誰も味方がいない悲しみ
皆の前で叱られた怒り
ちゃんと絵本をしまわなかった後悔


一つずつ感情を受け入れていくうちに、
幼稚園児のアイ子の気持ちがどんどん軽くなっていく。


途中から、
先生にひどく叱られたと思っていたことが、
そんなに強く叱られたわけではなく、ちょっと注意されたぐらいだった気がしてきた。


それに周りにいた子供たちも、
実はアイ子を非難していたのではなく、
手を貸そうとしてくれていたことが分かってきた。
皆、子供なりに先生に注意された私を気遣ってくれてたんだ…
取り囲まれている感じは、アイ子を包む優しい砦のようだった。


幼稚園児のアイ子が、笑顔を取り戻した感じのところで、
アイ子は、「お局倶楽部」の中に居るときの疎外感も思い出してみた。


何だかリアルに感じられないような気がする。
職場の彼女たち皆が仲良しで、アイ子だけ壁があるように思えたのも、
今となっては、彼女たちだって食事をする場所に集まっているだけのように思える。


「お局倶楽部」なんて表現は、もうその雰囲気に合わない。
-- 「職場の親交会」ってところかな。


なるほど、
幼稚園のとき、周りを取り囲んでいた子供たちの中に
アイ子の味方になってくれる子が居ないように感じていた孤独な気持ちが
女性の輪に入ったときの疎外感のような居心地の悪さに繋がっていたのだと感じた。


-- 自分の思いに捕われていると、見えないものがあるんだ --


幼稚園なんて小さな子供の世界だと思っていたのに、ちゃんとそこには優しさや愛があった。
-- 今も見えていないだけで、優しさや愛が色んなところにあるに違いない。
アイ子は、宝物を見つけたような気持ちで、しばらく心地よい思い出に浸っていた。



<つづく>

※セラピーには個人差があります。
テーマによっては、何度もRFTを行う必要があります。
また、同じ反応でも、原因は人によって様々異なります。


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・

次回は、1/30に更新予定です。




 Resistant Freedom Therapyレジスタードマーク(レジスタント・フリーダム・セラピー)については、


        レジスタントフリーダム・セラピー・ジャパン
posted by レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン at 12:19| 【出来るシリーズ】

2018年01月10日

【出来るシリーズ】1.「上司と合わない」〜 後編 〜

私たちはどれだけ知っているというのでしょう?

自分自身がどれほど傷つき、
どれほどSOSの声を上げているのか、ということを。


行き場を失って絶望の淵にうずくまるしかない あなたに伝えたい、
心を閉ざすしか自分を守る方法を知らない あなたに伝えたい、
内なる世界は、いつもあなたを優しく守っているのだと…


そんな思いをこめて、RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)で出来ることを、小説風にご紹介してまいります。
あなたの人生のお役に立てると幸せです。

創作物語であり講師以外は実在しません。
楽しみながらご一読くださいませ♪

〈10日・20日・30日更新予定〉


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・

1.「上司と合わない」〜前編〜 のつづき)


決め手がなんだったか分からない。
課長との問題の改善の可能性があると知ったから?
それとも、久々に会った親友の晴れやかな表情に、置いていかれそうな気がしたから?


いや、理由はなんだって構わない。
一歩前に踏み出すしか、現状を打破することなんて出来ないんだから。



アイ子に、RFT基礎コース講師の半澤久恵から返信が届いたのは、その日の夜だった。
満席だったが、ちょうどキャンセルが出たため、参加を受け付けてもらえることになった。


-- この宿命に救いがあるかも知れない。 --

アイ子の暗い心に一筋の光が差した。
それだけで、苦しい一週間も、どうにか乗り越えられた。




そして、週末がやって来た。
ちょっぴり緊張して会場に入ると、半澤久恵が優しい笑顔で迎えてくれた。


「おはようございます!寒いですね。今日はどちらからですか?」
他愛ない会話で緊張がほぐれていく。
-- 半澤久恵さんは、爽やかな笑顔のスレンダー美人だぁ。
アイ子は半澤にそんな印象を抱いた。


参加者は少人数だが、20代〜60代で男性も女性もいた。

RFT講習会は、基礎コースとプラクティショナーコースに分かれていて、
基礎(自己の癒し)コースを受けてから、プラクティショナーコースに参加出来る、
という段階的なコース設定となっている。

             コース

だから、まずアイ子が参加したのは、ヒカルと同じ基礎(自己の癒し)コースの方だ。


講習会は、自分たちの行動が無意識の潜在意識から起こっているという話しを聞くところから始まった。
心のことなんてほとんど聞いたこともないアイ子には初めての話しばかりで、
なるほど〜!と思うこともあれば、ピンと来ない話もあった。


でも、それをその場ですべて理解することよりも、
RFTを進めて行くうちに、
感覚的に分かってくる、というのが大事なことらしい。
なので、分からないことは分からないままで良いというので安心した。


そして、RFTの説明が始まった。

やり方を聞いて、デモセッションを見たあと、
ワークシートを使って隣の人とペアワークをすることになった。
ペアの相手は40代ぐらいの、眼鏡をかけた可愛らしい感じの女性だ。

講師の半澤からは、成功体験をするために、最初から重いテーマはダメですよ、と言われたので、
同僚のことで、ちょっとイヤだと思ったところをテーマにしてみた。


『同僚の話し方が嫌だ。人のことバカにしている。怒り』
ワークシートに思いや感情を書きこんでいく。


見よう見真似で、ペアになって、このテーマに取り組んでみた。
なんと、ふわーっと、自分の中で何かが変化した。

-- あれっ??

今、怒りが一瞬で優しい感じに変わった!?

-- わああ感動!!

-- “オセロの黒い面が、一瞬でだだっと白に変わる体験”
   と、ヒカルが言ってたのはコレだったんだ。


周囲からも「ええっ」「へぇ」などと言う感動の声が時々聞こえてくる。


クライアント役のアイ子の気持ちがスッキリしたところで、テーマを振り返る。
同僚の話し方、、、あれ、言うほど気にならないかも??

-- うっそー︎

参加者の誰かが、半澤に質問する。
「これって、時間が経つと戻るんですか?それとも永久に大丈夫になるんですか?」


半澤は
「テーマの影響力が強くて、根っこが残っているときは同じような反応が起こることはありますけど、
そうでなければ、もう元に戻ることはないですよ。大丈夫!」
と教えてくれた。


そして、引き続き、半澤の説明を聞きながら、
課長のことを思い出していたら、
幼稚園の頃、近くに住んでいたおじさんのことがふと思い浮かんだ。


近所の子供同士で遊んでいたとき、
そのおじさんに「うるさい!静かにしろ!」と子供たちが怒鳴りつけられたことがあった。
すっかり忘れていたはずの、そのときの出来事を思い出した。


射竦められて固まる小さなアイ子。
-- そういえば、あのとき、おじさんがすごく怖かった。
過去の出来事をテーマにするときは、それをやってみた。


怒鳴られて、動けない子供の頃のアイ子。
その小さなアイ子が自由を取り戻すと、温かさや安心感が戻ってくるようだ。
分からないけど涙がこぼれる…。
これは温かい涙みたい。


心なしか、課長への思いが和らいでいるような気もする…
-- そんなこと、あるんだろうか??


面白くなって、2日目は課長のことを思ったときの感覚にも、ワークしてみた。
どんどん課長が嫌じゃなくなってくる気がする…。
いやいや、実際に会社に行って課長に会ってみないと分からない。

-- でも、課長のことを思い出しても、いやな気がしないんだけど…??


そんなこんなで、2日間はあっという間に過ぎた。
帰り際には半澤久恵さんの開催する『RFTステップクラス』という、RFTを練習するための講座にも申し込んだ。


RFTを続けていくと、テレビドラマでも話題になった、
“自尊感情”(self-esteem:セルフ・エスティーム:自己肯定感)が高まり、
元々私たちが持っている、本来の自己肯定感を取り戻せるのだと、半澤も言っていた。


-- 自分を愛するとか、
  自分を許すとか、
  自分を受け容れるとか、

  簡単に言う人もいるけれど、
  その方法が分からなかったけど、
  これなら、自然にそうなっていく気がする。

  本来の自己愛をどんどん取り戻したい!!




翌日、仕事に行った。
課長がいる。
-- 近くにいるのが嫌じゃない気がする…。


しかし、あっという間に仕事に忙殺されて、気がついたら終業時間。
帰り際に、課長に挨拶しようとして、ハッとした。

-- あれ??気にならなかったじゃない??


今までなら、課長が気になって気になって、
こんなに仕事に集中なんて出来なかった。


-- 課長の目って冷ややかじゃなかったっけ…??
課長は相変わらずなのに、この前の金曜日まで感じていたのと、違う感じになっていた。


やがて、数日するうちに、課長の良さも見えて来た。
-- 案外、良い奴だったじゃないか、課長!


-- 癒やしってすごい!!
  自分を癒すツールがあるって、なんて素晴らしいんだろうきらきら




<つづく>

※セラピーには個人差があります。
テーマによっては、何度もRFTを行う必要があります。
また、同じ反応でも、原因は人によって様々異なります。

・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・


次回は、1/20に更新予定です。



〜RFT講習会のご案内〜


RFT講習会の日程は、こちらから ⇒  『RFT講習会のお知らせ』

RFT講習会のご案内メールご希望の方はこちらから ⇒ 『ご案内メールお申込みフォーム』




 Resistant Freedom Therapyレジスタードマーク(レジスタント・フリーダム・セラピー)については、


        レジスタントフリーダム・セラピー・ジャパン
posted by レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン at 14:00| 【出来るシリーズ】

2017年12月30日

【出来るシリーズ】1.「上司と合わない」〜 前編 〜

これまでの人生で、いったい誰が教えてくれたことでしょう?

私たちが、自分で限定した小さな世界から自由になれるってこと。
そんな時に役立つツールがちゃんと世の中にあることを。

生きづらさを抱いたまま、なすすべもなく涙を堪えるあなたに知ってもらいたい。
自分の力を発揮することもなく、翻弄されるあなたに知ってもらいたい。
人生はいつだって優しくあなたに微笑みかけていてくれる…。
 

そんな思いをこめて、RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)で出来ることを小説風にご紹介してまいります。
あなたが困ったとき、お役に立てると幸せです。


創作物語であり講師以外は実在しません。
楽しみながらご一読くださいませ♪

〈10日・20日・30日更新予定〉


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・


「人生は修行なんだよ。

嫌なことから逃げ出しても、
乗り越えるまで、何度でもやってくる。

だから、逃げないで、乗り越えなくちゃいけないんだよ。」


死んだおばあちゃんは、よくそんなことを言っていた。


-- 今、私は修行の壁にぶちあたっているのかも知れない --


相上アイ子 二十五歳。

アイ子が背負った人生の修行。

それは、上司に恵まれない、という宿命。


定年まで勤める意欲で就職したはずの前職を三年で退職したのは、上司と合わなかったことが原因だった。


たったそれだけで辞めるなんて、甘いという人もいるだろう。

でも、出勤して朝から晩までその上司と顔を合わせるなんて、それ以上は耐えられなかった。

時に職場関係者は、家族と過ごすよりも長い時間を共にする人々になる。

毎日が針のむしろだった。

それでも、三年頑張った。


体調まで崩して辞めたものの、次の職探しも簡単ではなかった。

どうにか面接までたどり着いても、何社も落ちた。

何度も心が折れた。

それでも頑張って職探しを続け、そして、ようやく再就職できた会社。


-- 今度こそ長く続けたい!!

そう思ったのに…。


入社一週間で、またしても悪夢がやって来た。


-- 上司に恵まれない宿命なんて、どこにも勤められる会社はないということなのだろうか。
-- そんなの絶望的だ。どうやって乗り越えれば良いのだろう。



そんな風に苦悩するある日、
久々に、親友の浜ヒカルから連絡があった。


このところ就活や転職の慌ただしさで、しばらく会えなかったから、3ヶ月ぶりの再会だった。


「どう?新しい職場は?」

ヒカルの問いに、アイ子は顔を曇らせ眉間にシワを寄せた。


「まただよ〜。もう、つくづく嫌になった。
私、本当に上司に恵まれない運命なんだと思う。

今度は課長なんだけど、威圧的に仕事を押し付けてくるし、
私を見る目が冷ややかで、ホントあの目が超イヤ!!
そばに居るのも、同じ空気を吸ってるのもイヤ!!」


「ふーん」
しばらくの沈黙の後、ヒカルが切り出した。

「それ、RFTなら解消出来ると思うけど、どうかな。」


「あーるえふてぃ?? 何、それ?」


「レジスタント・フリーダム・セラピーっていう、
体のツボを軽くトントンとタッピングしながら、
自分に優しく声をかけて思考や感情を紐解くセラピーのことなの。

“エネルギー心理療法” とか言うらしいんだけど、
私もつい最近、二日間の講習会に参加したばかりなの。

自分で自分を深く癒すことが出来るようになるって知って、
ダメ元で参加してみたら、それがけっこう効果が高くて、
意外に深いところに至った感覚だった。


自分の感じ方が変わるっていうか、
嫌だと思っていたことが嫌じゃなくなったり、
出来ないと思っていたことが出来る感覚になったり。

嫌いな人だって嫌いじゃなくなって来たりするの。」


「そんなものがあるの?!
課長とのこともやれる??
それ、資格とか何もない人でも受けられるの?」

「うん、誰でも受けられるよ。」
ヒカルは、スマホを手にとって、RFTのホームページブログをアイ子に見せた。
 

「ヒカルはなんで、それ受けようと思ったの??」

「人生を変えたくなってさ。
ほら、私ってダメ男にばかり引っかかって、
お金も若さもエネルギーも失って来たじゃない?


人生を変える良い方法が何かないかネットを検索してたら、
たまたまこのサイトにたどり着いて、
ブログとか読んでたら私も変われる気がして来て、
あとは“直感”に従ったって感じかな。」


-- すごい!!
そのRFTがどんなものか、よく分からないけど、
ヒカルの自信に満ちたこのドヤ顔から、何かすごいものに出会ったらしいことが分かる。


-- 変われるものなら私も変わりたい!


アイ子はさっそく、RFTの講習会のスケジュールをチェックしてみた。
なんと次の週末に、開催予定がある!

アイ子は矢も盾もたまらず、その場で講師の半澤久恵にメールで申込んだ。

<つづく>

・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・

次回は、1/10に更新予定です。




 Resistant Freedom Therapyレジスタードマーク(レジスタント・フリーダム・セラピー)については、


        レジスタントフリーダム・セラピー・ジャパン
posted by レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン at 12:49| 【出来るシリーズ】