2019年03月29日

【出来るシリーズ】34.「誰にも踏み込まれたくない」


私たちには、自分だけのスペースがあります。
誰にも踏み込まれることなく、守っていたい自分の領域です。
そこに無遠慮に入られたとき、どんな思いになるでしょう?


今回はそんなお話です。

RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)で出来ることを小説風にご紹介しています。
創作物語であり講師以外は実在しません。
楽しみながらご一読くださいませ♪


〈15日・30日更新予定〉


【出来るシリーズ】 タイトル一覧も、ぜひご活用ください☆


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・


一文字フサ乃には、誰にも言わない趣味がある。
例え家族でも、そのことは誰も知らない。

それは、ペンのコレクションである。
フサ乃は字を書くのが好きなので、
元からペンにはこだわりがあった。

ペンの握り心地、ペン先の滑り、書いた文字の質感、
ペンを選ぶその日の気分に文字は変化を見せる。

ボールペンに始まったその趣味は、万年筆、インクに付けるガラスペンなど、
年月とともに広がって増えていった。
美しい紙に舞う様々な文字を眺めていると、うっとりと幸せな気持ちになる。


そうやって集めたペンやインクは、引出しに何段も入っている。
嫌なことがあった日や、疲れた時は、引出しを開けて美しいペンやインクの色合いを眺める。

その時間は、フサ乃にとって、心安らぐ大事な自分だけの世界なのだ。


ある日、フサ乃が仕事から帰って、自室に入ると、
何か妙な感じがした。

何かが違う。

ふと、部屋を見渡して、
あっ!と小さな声を上げた。

インクが、机の上に置いてある。

ペンに付けるインクは、気分によって使い分けるので何色も集めているが、
普段は光に当てない方が良い気がして、引き出しの中にしまっている。

フサ乃は混乱した。
-- しまい忘れた?
  ううん、朝、家を出るとき机の上には乗ってなかった!
  まさか!?

フサ乃が、階段を下りて居間に行くと、
ダイニングテーブルの上に、インクが置いてあった。


-- あーっ!!!???
声にならないまま、硬直する。


すると、背後から、姉の声が聞こえた。
「フサ乃、すごいたくさんのペンとインク持ってるね〜。
 インクにハマる女子って増えてるんだってね。
 そういうのインク沼って言うんでしょ?」

フフンと笑いながら、手に持っていたフサ乃のペンを
インクに付けようとした。

フサ乃はその瞬間、沸騰したヤカンのように
カーッと熱く燃え上がった。

「勝手に触らないで!!」
フサ乃は、ペンとインクを奪い返すと、
そのまま二階に駆け上がった。

「そんなに怒ることないじゃないっ!!」
後ろで声が聞こえる。


-- 勝手に部屋に入って!!
  勝手に引出を開けて!!
  勝手に使われた!!!


フサ乃は翌日になっても、
その翌日も、
またその翌日も、
怒りはおさまらなかった。

自分が静かに守ってきた大切な世界に、
断りもなく勝手に踏み込まれた屈辱は
誰だって許せるはずはない。

フサ乃は自分の内側にマグマのように燃える炎を感じた。


ふと、興味が湧く。
-- マグマのように燃える炎??

フサ乃は、マグマの声を聞いてみたくなった。
-- RFTしてみようかな。


軽くタッピングしながら、目を閉じて、
内側で燃え盛るマグマをイメージした。

「許せない。許さない!屈辱だ。
 勝手に踏み込んで、笑い者にした!
 悔しい!!」
マグマはそんな風に怒っている気がする。


-- そうだよ、こんなことがあったら、頭に来るのも当然だし、
  もっと怒ったって良い!!!

フサ乃が同調して、そう思った瞬間マグマが小さな炎になったような気がした。
フサ乃の気分も落ち着いてきた。

-- この炎(怒り)は何をもたらしてくれてきたんだろう?

そんな問いを思い浮かべると、
「私が私であるため」
そういう気がした。


小さな炎は、
「ここに存在している。私には誇りがある。」
そう言っているようだ。


-- ああ、これは私という存在の主張。
  私の生きている証。生きる誇り。
  だから、私はつらくても生きて来られた。
  この怒りは、自己信頼だった…


フサ乃は、静かに目を開けた。
-- 大事な世界に踏み込まれたけど、
  何も奪われたわけじゃなかった。

  私を損なうことは、誰にもできない…
  もしも、出来る人がいるとしたら、それは私だけ。
  でも私は、いつだって自分を取り戻していける。
  私にはRFTがある!


何か内側から力が湧いてくるのを感じた。
-- これからは、家族に向き合おう。
  もう自分の世界に逃げるのは卒業しよう。


フサ乃は、引出を開けて、ペンとインクを取り出すと、
真っ白な紙に、"レジスタント・フリーダム・セラピー"と何度も書いた。




続く…


※セラピーには個人差があります。
テーマによっては、何度もRFTを行う必要があります。
また、同じ反応でも、過去の出来事や原因は人によって様々異なります。


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・


次回は、4/15に更新予定です。


□□□ 直近のRFTセミナーのご案内 □□□

◆【東京】RFT基礎(自己の癒し)コースのご案内◆ 《残席わずか》
開催日: 2019年 4月20日(土)〜21日(日)
開催時間: 10時〜16時30分
開催場所: 東京都港区(お申込みの際にご案内いたします)
講  師 : 渡辺花香里(わたなべかがり)
参加費 : 48,000円 (再受講30,000円) 税・テキスト代込み
参加条件: 20歳以上であれば、どなたでもご参加になれます。
サイトでのご紹介: ネガティブな思い・感情に支配されていませんか? RFT基礎コースのご案内
お申込み方法: 【東京】RFT基礎コースお申込みフォーム


◆【名古屋】RFT基礎コースご案内◆
開催日時:2019年6月15日(土)〜16日(日) 
   10時〜16時30分(2日間とも)
開催場所:AzuSalon  名古屋市名古屋市千種区内山3-1-8 コヤスオフィスビル3F 
講  師 :佐藤純子
参加費:48,000円(再受講30,000円)/税込み・テキスト代込み
参加条件:20歳以上の方はどなたでもご参加頂けます。
申込み方法:【名古屋】RFT基礎コースお申込みフォーム


◆【名古屋】RFTプラクティショナーコースご案内◆《残席1名》
開催日時:2019年7月20日(土)〜21日(日)
     10:00〜16:30(2日間とも)
開催場所:AzuSalon  名古屋市名古屋市千種区内山3-1-8 コヤスオフィスビル3F 
講  師 :佐藤 純子
参加条件
・2日間の基礎コースに参加された方
・2017年4月までにプラクティショナーコースのみ参加された方
参加費:56,000円(再受講32,000円)/税込み・テキスト代込み
お申込み方法:【名古屋】RFTプラクティショナーコースお申込みフォーム





〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜

❦RFT講習会の日程は、こちらもご覧ください ⇒  『RFT講習会のお知らせ』

❦RFTセッションをご希望の方はこちらから ⇒ 『セラピスト紹介サイト』

❦RFT講習会の案内メールご希望の方はこちらから ⇒ 『ご案内メールお申込みフォーム』

〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜



 Resistant Freedom Therapy(R)(レジスタント・フリーダム・セラピー)については、


 レジスタントフリーダム・セラピー・ジャパン


            uzukiso.gif






posted by レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン at 20:23| 【出来るシリーズ】