2019年01月15日

【出来るシリーズ】29.「恥をさらしたくない」


私たちは、自分のことを守ろうとするあまり
かえって自分を追い詰める結果になることがあります。

そんな体験は自分だけではないはずです。
「その感じ、分かる」と共感される方も少なくないのではないでしょうか。


今回はそんなお話です。

RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)で出来ることを小説風にご紹介しています。
創作物語であり講師以外は実在しません。
楽しみながらご一読くださいませ♪

〈15日・30日更新予定〉

【出来るシリーズ】 タイトル一覧も、ぜひご活用ください☆


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・


アイ子の職場は、毎日の朝礼で、その週の仕事の内容や目標を
課内でシェアするシステムをとっている。

それはアイ子の苦手な時間でもあった。
それは、失敗などもシェアして、次に活かそうという社風があるからだ。

-- 間違えるなんて恥さらしだ。
  私のことが言われたらどうしよう…

そもそも、アイ子には
自分の仕事に自信がなかった。

-- たいした能力もないし、
  きっと誰でもできること…

それでも、周囲に認められたいと思うのは当然だ。
アイ子なりに精一杯仕事は頑張っていたつもりだ。

しかしある日、
アイ子の作成した書類に不備があり、
それを顧客との打ち合わせに持っていこうとした上司が
途中で気づいて事なきを得た。

上司と一緒に顧客先に行こうとしていた先輩も、
出発が遅れて、
修正を待つ間、焦りで不機嫌な様子だ。


アイ子は情けないやら恥ずかしいやら
その場から逃げ出したい心境だった。


翌朝の朝礼で、先輩が、皆の前で
「小さなミスが、皆の足を引っ張り、やがて社の信頼を失うことに繋がるので、
 お互いに気を付けていきたい」
と発言した。

先輩の言葉は淡々としていたいが、
アイ子にとっては皆の前で「さらし者」にされた気がしていた。

恥ずかしさでいたたまれず、
赤面し胸がギュッと締め付けられるようだった。

-- 私の失敗がみんなにバレた…
  無能だと思われてる…
  

それ以来、アイ子は仕事が怖くなってしまった。
作成した書類も、上司に渡すまでこれまでより倍以上時間がかかる。
見直しても見直しても、どこか間違っている気がする。

-- もうこれ以上、皆の前で恥をさらしたくない。
  怖い。

上司も誰も、そんなアイ子の思いは知らない。

仕事は次から次へと回ってくる。
「相上さん、時間かかりすぎ」
先輩にたしなめられる。
時間は待ってはくれない。

焦りと緊張で混乱し、体が硬直する。
-- もう、ダメ!!


アイ子は立ち上がると、
「少し頭を冷やしてきます!」
と席を立った。


-- そうだ、RFTしよう!!


人気の少ない休憩室に向かい、窓際に座る。
こんなとき、何にどうRFTすれば良いのだろう?

そこで、アイ子は最近学んだ"Touch my Voice"(心の声に触れる)という
エネルギーワークを使うことにした。

-- "この混乱を鎮めるのに、今の私に一番相応しいエネルギー"

そんなザックリとした言葉だが、
手のひらにエネルギーを感じると、
アイ子は、目立たないようにタッピングしてRFTを始めた。

「無力で悲しい」
そんな声が自分の中に見出される。

-- 私、悲しかったんだ…
  怖いんじゃなくて、悲しかったんだ…
  そうだよね、無力な自分を感じたら、悲しいって感じるのは当然だよね…

そんな自分に気付いて、胸が熱くなる。

たったそれだけのことで、
アイ子の体は、スーッと何かが抜けたように軽くなった。

ゆっくり深呼吸すると、
アイ子は再び、仕事の席に戻った。

さっきまでの硬直や焦りは和らいでいた。

-- できる。大丈夫。
  失敗は誰にだってある。
  前を向いていこう!


アイ子は作成した書類を上司に渡すと、笑顔で言い放った。

「私の座右の銘は、『恥をさらして成長する』にします。
 不屈の精神で頑張ります!」

それを聞いた上司は、
「相上さん、昭和のおじさんみたいだね。
 親近感を感じるなぁ」
と笑った。

それを聞いた、課のみんなも笑った。


アイ子も笑いながら腕まくりすると、
次の仕事へと、意識を集中し始めたのだった。


続く…


※セラピーには個人差があります。
テーマによっては、何度もRFTを行う必要があります。
また、同じ反応でも、過去の出来事や原因は人によって様々異なります。


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・


次回は、1/30に更新予定です。



〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜
❦RFT講習会の日程は、こちらもご覧ください ⇒  『RFT講習会のお知らせ』

❦RFTのセッションをご希望の方はこちらから ⇒ 『セラピスト紹介サイト』

❦RFT講習会のご案内メールご希望の方はこちらから ⇒ 『ご案内メールお申込みフォーム』
〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜☆〜〜〜



 Resistant Freedom Therapy(R)(レジスタント・フリーダム・セラピー)については、


 レジスタントフリーダム・セラピー・ジャパン




posted by レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン at 17:09| 【出来るシリーズ】