2018年03月20日

【出来るシリーズ】7.「怒りが止まらない」

感情に負けてしまう
感情に流されてしまう
感情に飲み込まれてしまう


そんなとき、私たちに出来ることは、
何かで発散するか、
ひたすら我慢して、それが去るまでやり過ごすしかないのでしょうか。


実は、もう一つの選択肢があります。
それは、その感情を受け容れて融合する、という不思議な方法。

ネガティブな感情を、ポジティブな力に変える素敵な方法。


そのとき、あなたに起こる深い安心感を、あなたに知って頂きたいのです。


そんな思いをこめて、RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)で出来ることを、小説風にご紹介してまいります。
あなたが、あなたを受け容れたいとき、RFTは必ずあなたの力になるでしょう。


創作物語であり講師以外は実在しません。
楽しみながらご一読くださいませ♪


〈10日・20日・30日更新予定〉


【出来るシリーズ】 タイトル一覧も、ぜひご活用ください☆



・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・



ヒカルは、夜を一人で過ごせるようになって、
自分で行動する自信を取り戻した。


しかし、一息ついて、
落ち着いてくると、腹が立ってきた。


別れた恋人に、つぎ込んだお金。
-- すべてが無駄金だった。

そう思うと、怒りが止まらない。



面接に行く交通費、
スーツやシャツ、
就職セミナーの会費、
本だの、書類だのの費用
そして生活費。


毎日、頑張って働いたお金を渡したのに、
それを彼は、自分の遊びに使っていたのだ!
許せるはずがない。


あのお金があれば、
あれも買えた。
これも買えた。
旅行にも行けた。
憧れのレストランもある。


なんてバカだったんだろう。
悔しくて悔しくて、腹が立って仕方がない。


ヒカルから湧き上がる怒りは、
体を震わせ、
噴き出し口を求めた。


ベッドにクッションを何度も何度も叩きつける。


-- ばかやろー!
  あんな奴、この世から消えてしまえ!


もしも彼がここにいたら、間違いなく、ぶん殴っている。
いや、ぶん殴るだけでは済まさない。


悔し涙が溢れた。
-- あんなヤツに!
   あんな最低人間に!
   なんて愚かな私。


ベッドに崩れて、両手で枕を叩き続ける。

-- 悲しいーっ!!

思わず声が出た。


-- あれ??
  悲しい?
  悔しいじゃなかったっけ??


ふと冷静になった。
-- この怒りの正体は何だ?


-- そうだ!RFTがある。
  RFTしてみよう!

ヒカルは起き上がるとRFTを始めた。



◆一口メモ◆
怒りに震えたり、激しく落ち込んだりと、
こうした強い感情に身を任せている状況でRFTを進めるのは難しい。
RFTを行うには、ある程度の冷静さ・客観性が必要である。




ヒカルは紙を探すと、書き始めた。


「あんなヤツにつぎ込んだなんて!
 情けない、憎悪、恨み。
 バカな自分に腹が立つ。
 怒り、悔しさ。」


一つ一つ受容していく。
そして、その本質を見いだすたびに、じわっと体が温かくなって、
感覚が緩んでいくのが分かる。


「悲しい。
 こんな道しかなかった。
 自分の大切なものを失ってしまった。」


-- そうだった。
  本当はずっと分かっていた。
  こんな生き方はやめるべきだ、と。
  これが私の望む人生じゃない、と。


それなのに、無視して抑え続けた、自分の声。
取り残されて、行き場を失った、自分の思い。


失った大切なものとは、
お金というより、
自分自身との信頼だった。


-- 自分自身との信頼?
変な感じだが、それがピッタリくる。



内側から起こってくる、自分への怒り。
「お前こそがダメな人間じゃないか!」
そんな思いも、そのまま受容する。


「ずっとずっと、聞いて、って叫んでいたのに…」
その声は、悲しげに言っているように聞こえる。



-- ああ、ごめん…。

思わず自分にかけた言葉が、ジーンと体に染み渡る。
内側から温かいものがちりちりと広がっていく。
まるで喜んで、はぜているみたいに。


-- え、なに…?
驚いたのはヒカル自身である。
鼻の奥がつーんときて、じんわりと涙がこぼれた。


-- そうだった…、自分を騙し騙し、生きてきた。


誰をごまかせても、
自分自身をごまかすなんて、絶対に出来ないのに。



-- もしかして、本当に苦しかったのは、
  自分の心の声を無視していたことだったのかも知れない。


-- 今までごめん。
  
  
ヒカルは自分自身を抱きしめた。



怒りも悲しみも、もう感じられない。
まるで、その名のベールを脱いでヒカルと融合したように、
温かい気持ちに包まれる。


お金をつぎ込んだ、あの怒りも、もう強烈な感情ではなく、
「バカバカしいことした」ぐらいで気になることではなくなった。

必要なら、もっとRFTをすれば良いだけだ。


それよりも、
ヒカルには、自分の心に触れたことの方が大きかった。


-- すごいなぁ。
  なんて不思議で面白くて、なんて深いんだろう。


自分と向き合うことの意味を知る。

-- 愛してほしいとか、受け容れてほしいとか、
  ずっと誰かに求め続けてきたけれど、
 
  本当に愛して受け容れてもらいたかった相手は、
  自分自身に、だった。

  自分が自分を愛せないから、誰かに求めていただけだった。


ヒカルは、自分を抱きしめたまま、この気づきをずっと噛みしめていた。




続く…


※セラピーには個人差があります。
テーマによっては、何度もRFTを行う必要があります。
また、同じ反応でも、過去の出来事や原因は人によって様々異なります。


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・



次回は、3/30に更新予定です。



〜RFT講習会のご案内〜

【東 京】RFT基礎(自己の癒し)コース
日時: 2018年4月14日(土)〜15日(日)  10:00〜16:30(2日間とも)
場所: 東京都港区
講師: 渡辺花香里
参加費: 48,000円(税込み・テキスト代込み)
 お申込みフォーム: 『東京港区 RFT基礎コース』



【名古屋】RFT基礎(自己の癒し)コース
日時: 2018年6月23日(土)〜24日(日)  10:00〜16:30(2日間とも)
場所: 名古屋市千種区
講師: 佐藤純子
参加費: 48,000円(税込み・テキスト代込み)
 お申込みフォーム: 『名古屋 RFT基礎コース』



RFT講習会の日程は、こちらもご覧ください ⇒  『RFT講習会のお知らせ』



RFT講習会のご案内メールご希望の方はこちらから ⇒ 『ご案内メールお申込みフォーム』




 Resistant Freedom Therapyレジスタードマーク(レジスタント・フリーダム・セラピー)については、


        レジスタントフリーダム・セラピー・ジャパン
posted by レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン at 12:14| 【出来るシリーズ】