2018年03月10日

【出来るシリーズ】6.「孤独の闇に引きずり込まれそうで怖い」〜後編〜

自分で、自分の心を押し込めてしまったのは、いつからでしょう。

誰かと比べて、自分が変わっているから?
誰かに、何か言われてしまいそうだから?

いつだって、心は叫び続けていたのに…
自由になろうと、ドアを叩いていたのに…


今、その声が求めるものを、叶えてあげませんか?
それが出来るのは、この世にあなた自身しかいないのです。


そんな思いをこめて、RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)で出来ることを、小説風にご紹介してまいります。
あなたが、あなたの望みを受け容れるとき、RFTはあなたのお役に立てると思います。


創作物語であり講師以外は実在しません。
楽しみながらご一読くださいませ♪


〈10日・20日・30日更新予定〉


【出来るシリーズ】 タイトル一覧も、ぜひご活用ください☆



・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・

【6.「孤独の闇に引きずり込まれそうで怖い」〜前編〜】の続きです。




人は何かを選ぶとき、本当はいったい何を基準にしているのだろう。
どこか魅かれるものがある…
なぜか見過ごせないでいる…
それは理屈のない心の閃きなのかも知れない。


ヒカルは、レジスタントフリーダムセラピー・ジャパンのサイトにたどり着いたとき、
なぜだか「これだ!」と思った。


これが本当に探しているものかどうか、とにかく受けてみるしかない。
サイト情報では、一番近い日に浦松眞澄の開催する基礎コースがあった。
申込みをしてから、開催までの日が長く感じられた。

この闇のうねりが意識に上がったったために、
ヒカルは余計に夜の恐怖を意識せずにはいられなくなったからだ。


-- でも、もう、居てほしいだけの男性にすがる人生なんてまっぴらごめんだ。


叔母の家に泊まりに行ったり、
ひたすらイヤホンで音楽を大きな音で聴き流したり、
漫画を読んだり、ヒカルは何とか日々をやり過ごして、開催を待った。


-- ダメだったら、どうしよう。

思考の声が何度も去来して、
期待と絶望がヒカルにのしかかる。


-- これが私の人生なんだ
どこまでも、どこまでも、そんな囁き声が追いかけてくる。



さて、やっと開催日が訪れた。
朝、ぎりぎりの時間に会場に入ると、隅の方に座った。
見渡すと、20〜60代の男女が集まっている。


-- 浦松さんは、華やかな美人で、声のトーンがとても優しい感じ…
そんな印象を抱いた。


講習会が始まると、
セラピー初心者のヒカルだが、説明の内容から感情が決め手になることが分かった。


ネガティブな感情は感じたくないものだというが、
ヒカルにとっては、ポジティブだって本当は感じたくない。

-- そんなもの感じるだけ、みじめになるだけだ。
  ロボットのように、何も感じないまま人生が終わってしまえば良い。


そんな思いが巡る中で、テキストにそって、セラピーのやり方を学ぶ。
ワークシートを埋めて、隣の女性とペアワークを進めた。


-- え??あれ??


試しにやってみた、“みじめさ”が、なぜだかまったく違うものに変わってしまった。
溶けてしまうような、優しい感じになったのはなぜだろう?
ペアを組んだ隣の女性も同じように感じたらしく感激していた。


-- これなら、行けるかも知れない。



講師の浦松が会場を回っているとき、思い切って質問してみた。

「夜になると闇がうねってきて襲われそうな気がするんです…。
それが怖くて怖くて…、
だから、このセミナーを受けに来たんです。
そういうのでも大丈夫ですか?」


浦松はヒカルいくつかの質問をした。
「それはいつ頃からありました?」
「えーと、子供の頃にはあったと思います。」


「子供の頃というのは小学生のとき?もっと小さいとき?」
思い出していると、なぜだか、生まれて間もない赤ちゃんの頃が思い浮かんだ。


ヒカルはまさかと苦笑いして、首をかしげながら、
「えーと、赤ちゃんのとき、かな?」


-- そんなことあるだろうか?
  そんな記憶、思い出したことなんて一度もない。
  だって言葉も分からない赤ちゃんなのに…。


浦松は赤ちゃんのときのイメージについて、その様子を尋ねてから、
「それなら出来るかも知れませんね。
“イメージRFT”(過去の出来事などへのアプローチ法)の練習の時に、やってみましょう。」


そして、
「初めてだから戸惑うこともあるかも知れないけれど、
無理のないところまで進めてみましょう。
分からないことがあったら、呼んで下さいね。」

優しい微笑みを浮かべながらそう言ってくれた。



いよいよ、イメージRFTの時間が来た。
-- ものすごくテキトウな記憶なのに良いんだろうか?


ヒカルは、疑問も持ちつつも、やってみることにした。
やることは単純だった。

赤ちゃんの自分の思いや感情の、ただ在り方を変えるだけ。


一人ぽっちで暗闇の中に居る、小さな自分。
声をあげて泣いている。
「誰も来てくれない。
ああ、自分は取るに足らない存在なんだ。」
心細さ、無力感、深い深い悲しみ…


-- 赤ちゃんなのに…思いも感情もあるんだ…




◆ミニ解説◆

実は、赤ちゃんといえど、
物事や状況、雰囲気などから感じたことを“感覚”でとらえており、
成長とともに思考力が発達し、感覚でとらえたものを思考(言葉)に変換するのと同じで、
こういったRFTの場合も、その感覚を、RFTを進める側(ここではヒカル)が言語化して
理解しているのである。


そのため、RFTで癒し(エネルギー変化)を進めて行くと、
新生児のみならず、胎児、受精卵、卵子、精子などの思いや感情へ行き着くこともある。




ヒカルは、一つ一つの思いや感情に
ただ、ただ寄り添っては、ほどいていく。


体がふわっと緩んだり、溶けるような感じがしたり、涙が出たり…
孤独で泣いていた赤ちゃんのヒカルが、安心感に包まれて笑顔になったところで、
ヒカル自身も心地よさを感じて、終えることにした。


終わってから、赤ちゃんの最初の場面を思い浮かべてみる。


お隣の席の、ペアの相手に伝える。
「暗闇の中で一人で笑ってます。」
笑顔でそう言った瞬間、
あっ!と小さな声を発すると、ヒカルから涙が溢れ出した。


まるで誰かとおしゃべりしているみたいに見えたのだ。
誰と?

暗闇と… 暗闇と!?


そう、暗闇と…。

大っ嫌いだと思っていた、あの暗闇が、
赤ちゃんのヒカルをあやすように、優しく語り掛けてくれてるように感じた。


-- 暗闇が優しく赤ちゃんのヒカルをあやしてくれるなんて、そんな馬鹿な。
そんな風に思うのに、涙が止まらない。
愛は、こんな暗闇という、空間の中にも満ち溢れていた。



その夜、帰宅して、アパートの部屋に入った。
もう、襲い掛かるような、どこかに引きずり込まれそうな恐怖は感じない。


ヒカルは、暗闇の中に、これまでに感じたことのない居心地の良さを感じた。
そして、分かった。


-- 怖かったのは、暗闇じゃない。
  暗闇を愛する自分が、怖かったんだ。


  そんな暗闇を愛するなんて変な自分は、
  きっと明るい場所に出られなくなってしまって、
  まともに生きてはいけない気がしていた。


でも、暗闇に居ると、故郷に帰ってきたような安心感を思い出す。


-- もう自分に許そう。
  人と違う自分を。
  自由な自分を。
  自分に禁じた、私自身を。


ヒカルは、暗闇の中に座り込んで、やっと自分に向き合えた安心感に浸っていた。




続く…


※セラピーには個人差があります。
テーマによっては、何度もRFTを行う必要があります。
また、同じ反応でも、過去の出来事や原因は人によって様々異なります。


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・



次回は、3/20に更新予定です。


〜RFT講習会のご案内〜


【北海道】RFT基礎(自己の癒し)コース
日時: 2018年3月17日(土)〜18日(日)  10:00〜16:30(2日間とも)
場所: 函館市内
講師: 葵井美香子
参加費: 48,000円(税込み・テキスト代込み)
 お申込みフォーム: 『函館 RFT基礎コース』


【東 京】RFT基礎(自己の癒し)コース
日時: 2018年4月14日(土)〜15日(日)  10:00〜16:30(2日間とも)
場所: 東京都港区
講師: 渡辺花香里
参加費: 48,000円(税込み・テキスト代込み)
 お申込みフォーム: 『東京港区 RFT基礎コース』


RFT講習会の日程は、こちらもご覧ください ⇒  『RFT講習会のお知らせ』



RFT講習会のご案内メールご希望の方はこちらから ⇒ 『ご案内メールお申込みフォーム』




 Resistant Freedom Therapyレジスタードマーク(レジスタント・フリーダム・セラピー)については、


        レジスタントフリーダム・セラピー・ジャパン
posted by レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン at 11:38| 【出来るシリーズ】