2018年02月20日

【出来るシリーズ】5.「返信が来ないのが気になる!」

心が騒いで、おさえきれず、途方に暮れたことはありませんか?
自分の弱さが情けなくて、そんな自分からも逃げ出したくなることはありませんか?


自分を責め続けてしまうあなたの中に、
たくさんの宝物が埋もれていることを、あなたに知ってもらいたいのです。

そして、あなたは、大切な、大切な存在だと、
誰よりもあなた自身に知ってもらいたいのです。


RFTは、内なる宝物を見出すお役に立てると思います。
あなたに一番大切な、あなた自身のために、どうか見つけ出してあげて下さい。


そんな思いをこめて、RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)で出来ることを、小説風にご紹介してまいります。
あなたが内なる世界に目を向けるとき、RFTはあなたの素晴らしさを教えてくれるはずです。


創作物語であり講師以外は実在しません。
楽しみながらご一読くださいませ♪

〈10日・20日・30日更新予定〉


【出来るシリーズ】 タイトル一覧も、ぜひご活用ください☆



・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・




アイ子は、ある休日の午後、久々に親友のヒカルにメッセージを送った。


このところ、新しい職場・新しい仕事に馴染むことに精一杯で、
仕事から帰って雑事を済ませると、もう夜が更けている毎日で、ヒカルとの連絡が途絶えていた。


RFT(あーるえふてぃー)の基礎コースに参加して、その後、活用していることも話してないし、
借りっぱなしの本も返さなくちゃだし、
久しぶりに話したいことはたくさんある。


『その後、どう?話したいこといっぱいあるの。久しぶりに会わない?』
メッセージは、そんな内容だ。


10分も経たないうちに、スマホを見た。
休日だから、すぐに返信が来ると思っていた。

-- 返信が来ないなぁ…

スマホを見ると、既読になっている。
数分待ってみたが、やはり返信は来ない。

-- 既読なのに!?

いつもなら、すぐに返信が来るのに、
なのに、ヒカルから返信が来ない!
胸がざわざわする。


-- なんで?? なんで返信が来ないの??


同時に思考がよぎった。
-- 怒らせたかもッ??


そうなると、自動的にアイ子の思考は、ヒカルを怒らせてしまった理由を探し始める。
-- RFTを紹介してもらってセミナーに参加したこと報告しなかったから?
-- 本を返してないから?
-- 必要なときしか連絡しない自分勝手な奴と思ってるとか?


まさか、まさか、そんなはずない、と思いながらも、
囁くような危うい思考に捕われていく。
ざわざわが大きくなる。

あのこと?
このこと?
思考は過去の記憶を総動員して、理由を探し始める。



こんなとき、私たちは、何一つ検証しないままに、
自分が描いた架空の物語にハマってしまっているのだが、
そんなことすらも自分では気づかないものなのだ。



アイ子は、不安を通り越して、恐怖を感じ始めていた。
--電話してみようかな。


でも、まだメッセージを送ってそんなに経ったわけじゃない。
-- もうちょっと時間が過ぎてからの方が良いよね。


アイ子は、部屋の片づけをしながら、もやもやと考え続けた。


しかし、時間がたつほどに、
アイ子の中で、ヒカルが怒っているのが確定になってしまい、電話する勇気が起こらない。


返信が来ないスマホは、ヒカルの怒りを象徴しているようで、
もはや、スマホを見るにも勇気がいる状況だ。


怖さに追い詰められて、居ても立っても居られない。
アイ子はテレビを付けて、この怖さから逃げることにした。


-- そうそう、録画した映画を観よう。

アイ子は映画に没頭した。



こういった一連の行動は、ほとんど無意識に行っているため、
自分が何のために何をしているか、なんて分からないのが私たちの日常だ。


しかし録画した映画に没頭しても、
映画には終わりの時間がやってくる。


アイ子は映画を観終わると、再び、ヒカルのことを思い出していた。
スマホは通知音も鳴ってないから、
まだヒカルから返信は来ていないだろう。


アイ子の中で、またしても怖さが膨らみ始めたそのとき、
唐突に思い出した。


-- あ、そうだ、RFT!!


RFTしよう。
アイ子は、怖さにとどまってみた。
この怖さは、なんだか置いていかれそうな気がする怖さ…。


5歳ぐらいの頃、
母と大きなスーパーに行って、はぐれた時のことを思い出した。

母の姿が見えなくて、小さなアイ子に孤独と恐怖がのしかかる。


でも、RFTをしていると、そんな孤独や恐怖が、
小さなアイ子のために、役割を果たしてくれていたことを見出せる。


そして、力のない、小さな5歳の自分だと思っていた姿から、
しっかりと生きる強さが秘められていたことも分かって、
過去の自分を誇らしく思い、同時に自分に力を取り戻したような、
力強さとやすらぎを感じた。



-- 知らず知らず、ダメだと思っていた自分は、
  本当は、ダメな自分なんかじゃないのに、
  自分が自分を封印して、
  本来の強さや逞しさを、閉じ込めてしまっていたのかも知れない。



アイ子は、ヒカルからの返信が来ていないことを
いつの間にか忘れてしまっていた。


夜になって、ヒカルから返信が届いた。
今日は休日出勤で仕事をしていたらしい。

アイ子へ返信をしようとしたところ、
ミーティングが始まり、
そのまま仕事をしていて返信する間もなかったのだ。


アイ子は、思わず笑みを浮かべながら、ヒカルに返信すると、
うーんと大きく伸びをした。


-- 私の架空の物語は、やっぱり架空でしかなかった。
  今度、ヒカルに会ったら、そんな話もしてみよう♪




<つづく>


※セラピーには個人差があります。
テーマによっては、何度もRFTを行う必要があります。
また、同じ反応でも、過去の出来事や原因は人によって様々異なります。

内容の一部は、インテグレイテッド心理学を参考にしています。

・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・



次回は、2/28に更新予定です。


〜RFT講習会のご案内〜


RFT講習会の日程は、こちらから ⇒  『RFT講習会のお知らせ』



RFT講習会のご案内メールご希望の方はこちらから ⇒ 『ご案内メールお申込みフォーム』





 Resistant Freedom Therapyレジスタードマーク(レジスタント・フリーダム・セラピー)については、


        レジスタントフリーダム・セラピー・ジャパン
posted by レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン at 11:21| 【出来るシリーズ】