2018年01月30日

【出来るシリーズ】3.「生理的に嫌いな相手」

「なぜ、私は、自分が思うように行動できないんだろう?」
そんなことを思ったことはありませんか?


言おうと思った言葉が言えず、言いたくないことを言ってしまう
やりたいことを諦めて、やりたくないことばかりやってしまう


そんなあなたに伝えたい
自分を自由にする方法はちゃんとあるんだ、ってこと…


そんな思いをこめて、RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)で出来ることを、小説風にご紹介してまいります。
あなたが求めるとき、いつだってお役に立てると思います。


創作物語であり講師以外は実在しません。
楽しみながらご一読くださいませ♪

〈10日・20日・30日更新予定〉

【出来るシリーズ】1「.上司と合わない」前後編も、是非お読みくださいませ☆


・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・


アイ子は新しい職場の過ごしやすさを実感していた。
課長との関係も良好で、職場の女性たちともずいぶん話しやすくなった。

それでも様々な反応は起こり、様々な思いは巡る。


アイ子には、取引先の会社の男性社員に苦手な人がいた。

相手は30代ぐらいで、度々アイ子の課に来て、課長らと話しをする。

仕事上の話をしているだけでアイ子に何をしてくるわけでもないが、
とにかく、そこに居るだけで嫌な気持ちになってくる。
もう生理的に嫌、としか言えない。


その男性の訪問を受け、課長らにとりつぐ際は
目も合わせづらく顔がこわばり笑顔も出来ない。
アイ子にしては珍しくそっけない態度だった。


私たちの反応は数限りなくあるので、そのすべてにRFTを進めることは不可能だ。
気になること・困ることがその対象となる。
しかし、自分が起こしている無意識の反応を自覚するのは容易ではないため、
意識上に上がってくるまで時間がかかることがほとんどだ。



ある日、アイ子は課の先輩から声をかけられた。
「相上さん、○○さんへの対応がちょっと気になるんだけど、何かあった?」

「いえ、何も…すみません。」
アイ子はハッとして答えた。
「いや、僕に謝ってもらっても意味ないから、○○さんへの対応を改めるべきじゃない?」
「そうですね、今後は気を付けます」

先輩の鋭い言葉にヒーッと身をすくめる。
-- 先輩だけじゃなくて、他の皆もわかっていたのだろうか。
   こんな自分のこと…。

恥ずかしいやら情けないやら、相手に申し訳ないやら、
アイ子の思考はぐるぐる巡り、激しく落ち込みながら帰宅した。


こんな時もRFTは役に立つ。

まずは、先輩に言われたことでぐるぐるしている、
今の自分の思いにRFTをしてみた。


ヒーッバカバカ、知られて恥ずかしい
自分が情けない
相手に申し訳ない
言われて気づくなんて自分に腹が立つ
どうにもできなかった無力感
様々な思いや感情を紐解いていき…
深呼吸して、気分を落ち着ける。


冷静さを取り戻すと取引先の男性社員のことに取り組んでみた。

-- 彼の何が、どこが嫌なんだろう?
-- 顔? …いや、別の顔でも嫌だし。
-- 雰囲気? …え、体つき??まさか体形??

自分でも訳が分からないが、アイ子は何かが襲い掛かってくるような既視感を感じた。


それはまだアイ子が2歳ぐらいのときのこと。
まったく忘れ去っていた遠い、かすかな記憶。


ぼんやりしているが、思い出してみると、アイ子に小犬が襲い掛かってきていた。
小犬とはいえ、勢いよく飛び掛かられると、小さなアイ子は倒れそうになってしまう。
恐怖で泣いている小さなアイ子。
大人が近くで笑っている。


-- そういえば、そんなことあった…
-- でも、犬??

疑問も戸惑いもあったが、この時の思い出の自分にRFTをした。


得体の知れないものへの恐怖、
助けてくれない大人への大きな怒り、
こんな思いや感情が封印されていたのかと自分でも驚きながら、
次々にこうした思いや感情を紐解いていった。


やがて、小犬が襲い掛かってきている姿がじゃれている姿に変化してきた。
気が付けば母が抱きしめてくれている。
小さなアイ子は小犬を撫でて笑い始めた。



アイ子は思う。
封印されていたネガティブな感情は、自分に起こっていた出来事をありのままに見えなくしている。

でも紐解いていくうちに、自分が人生を生きていくうえで、
まったく無意識に、危険なものから自分を守るために、判別する力を身に着けていたことが分かる。


-- ネガティブな感情は、一見自分を不幸にしているように思えるけれど、
   本当はよりよく生きる知恵として、必要なものだったんだ。

   私たちは皆、自覚せずにいるけれど、実はこんな力を秘めているんだ。
   すごいなぁ。


アイ子は、自分の中に宝物を見つけたような気分だった。


-- よ〜し、この次は、笑顔で迎えてみせるぞ〜♪

そう思うアイ子も笑顔にあふれていた。





<つづく>

※セラピーには個人差があります。
テーマによっては、何度もRFTを行う必要があります。
また、同じ反応でも、過去の出来事や原因は人によって様々異なります。

・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・..。.: *☆* :.。. .・


次回は、2/10に更新予定です。


〜RFT講習会のご案内〜
RFT講習会の日程は、こちらから ⇒  『RFT講習会のお知らせ』

【大阪 残席1名】2018年2月3日(土)〜2月4日(日) 
            両日とも10:00〜16:30



RFT講習会のご案内メールご希望の方はこちらから ⇒ 『ご案内メールお申込みフォーム』




 Resistant Freedom Therapyレジスタードマーク(レジスタント・フリーダム・セラピー)については、



        レジスタントフリーダム・セラピー・ジャパン
posted by レジスタントフリーダムセラピー・ジャパン at 11:00| 【出来るシリーズ】